Return to site

ライトニングネットワークの開発状況

· ライトニングネットワーク,lightning network

今井です。

2017年2月1日時点で知られているライトニングネットワークの開発状況を俯瞰してみます。

よく知られている実装には上記の6つがあります。

もっとも早くから開発が始まったのがamiko payですが、ライトニングネットワークのホワイトペーパーに沿った開発はamiko pay以外のようです。

現在、もっとも開発が進んでいるのがライトニングラボのlndです。ライトニングネットワークの提唱者である、Thaddeus Dryja氏とJoseph Poon氏によって開発が始まったプロダクトです。

ブロックストリームのlightningdは、複数のノードを経由したマイクロペイメントの実装に重きを置いたため、まだウォレット機能の不足、チャンネルオープンが煩雑などというところがあります。

しかし、共同創業者大石哲之氏のブログ「ライトニングネットワーク送金の動作実証手順:1ミリサトシを送ってみた」にある通り、基本的なライトニングネットワークは実装されており、まずライトニングネットワークを使ってみるにはよいです。

MIT DCI(デジタルカレンシーイニシアティブ)でThaddeus Dryja氏が開発しているlitは、他と違いライトニングネットワークでのSPV(Simplified Payment Verification)ノードになっています。将来的に一般ユーザが使うとすれば、この軽量版ノードになるかもしれません。

次回、lndおよびlitでのライトニングネットワーク送金手順を説明します。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK